ホーム 保育園の一日 保育園の設備 保育についてのご案内 いつでもももいろ♪ フォトギャラリー 食育コーナー 行事コーナー つぼみのお部屋♪0歳児 今日のももいろ♪ 季節の遊び♪

いつでも ももいろ♪

小規模保育園だからこそ、集団ではなく個々を大切にしています。0.1.2歳児は大きな集団の中での一人でいるよりも、個々として一人一人大切にされ、たくさんの愛情を受け、楽しい体験を積み重ねていろいろな興味を深めていく事が人としての土台作りに繋がると考えています。そして保育園だからこそ、子ども達が3歳児になって巣立った時に困らないよう、集団としての活動も取り入れ、先を見据えた保育をしています。

ももいろ保育園自慢の「連絡アプリ」

保育園での生活や遊びの様子を毎日保護者の方にアプリを通じて、個人個人に配信しています。

「保育園でのお子さんの様子を、エピソードに表情を添えることで保育園での姿そのまま保護者の方に知ってもらい、安心をしてもらう」ことを目的として、毎日3枚の写真を添付して、丁寧にお伝えしています。離れているからこそ見られる姿だったり、お子さんとのお話のきっかけになったり、お子さんについての育ちや情報を相談・共有してみたり、園と家庭とを繋ぐツールとして活用しています。

「連絡帳をみるのが本当に楽しみです」「連絡帳を見ると安心します」など、保護者の方からの嬉しい声も聞かれる、ももいろ保育園の「自慢♡」のひとつです♡


実際の連絡アプリの画面です。保護者のご厚意で掲載しています。

実際には写真に加工はしてありません。


給食の写真と食べた量。

検温や機嫌の様子も記載されています。


ももいろ保育園は、おうち!

家庭的な園舎。子ども達も「おうち、入る~!」と外から帰ってきてお部屋の中へ。キッチンからおかずの匂いがしてくると「いい匂い~ごはん何?」と給食の先生に確認するのも子ども達の日常。ウッドデッキには、季節に合った子ども達の興味を引く装飾を手作りしています。春は風を目でも感じられるように…と風車とフラッグを飾りました。お家でお母さんとやり取りするようなあたたかい雰囲気を大切にしながら、保育園として子ども達が成長をする上で大事な事をきちんと伝えながら過ごしています。

園庭で思いっきり走れるよ!

緑の芝生の園庭。勾配のある部分も探検のように駆け抜けていく子どもたち。帽子をかぶってウッドデッキで靴を履いて、準備万端で「お外~!」と嬉しそうに出かけていきます。丸太のベンチは座ったり、歩いて渡ったり、ジャンプしたり楽しみ方いっぱい。どこからでも目が届く園庭で思いっきり体を動かして遊びます。

緑がいっぱいの環境は気持ちいいね!

5月になって周りの茶畑の緑も一層鮮やかになりました。そんな中、お茶刈り機が朝から動いていました。登園してすぐ興味津々でその様子を観察する子どもたち。自然いっぱいの環境だからこそ四季の変化を感じたり興味が持てたりと、子どもたちの好奇心を掻き立てています。一年でどんな変化が見られるかな?

雨の日は室内で新聞・サーキットやリトミックあそび!

雨の日だってお部屋で体を動かしたい!
ピアノに合わせてカエルになったりトンボになったり。フラフープが登場すると、バスごっこで運転開始。水たまりに見立ててリズムに乗ってジャンプも楽しみます。
テーブルトンネルをくぐったり、ベッドで作った大きなすべり台を滑ったり、ベンチの一本橋にトランポリン。ドキドキしながら次々に挑戦して汗をかくほど全力で遊んでいます。